後回しは危険!今すぐ親の家を片付けるべき理由とは

2021年1月22日更新

親の家が度を越えて散らかっていると、帰省するのも憂鬱になってしまいますよね。いつかは片付けなくてはと思っても、時間がなかったり親が納得しなかったりと、手つかずのままになっていることが多いものです。実は、家が散らかっていると見た目だけではないリスクがあることをご存じですか?いったいどんなリスクがあるのか、確認してみましょう。

ものが片付かず、散らかったままにしていませんか?

長年暮らしてきた家には、さまざまなジャンルの荷物が混在しています。そのひとつひとつに親の思い入れが詰まっていることが多く、ただ不用品を捨てるだけではないことが安易に想像できます。片付けそのものを親に強く拒否されたり、実際にものを捨てようとしてけんかになる場合もあり、なかなか思うように片付けられないものです。

 

親の世代は物持ちの良さが美徳とされていました。そもそも使えるものを捨てるという選択肢がなく、ただ「捨てなよ」と言われても納得できないのかもしれません。最近は断捨離という言葉が定着し、物を持ちすぎないことが良しとされている風潮があります。物を溜め込む親を見ると真逆のことをしているように見えますが、物を大切にするという根本は同じです。

 

若いころから片付けが苦手だった方は、年を重ねてさらにできなくなってしまうこともあります。体が思うように動かず、いちいち物を出したりしまったりするのが億劫になり、物を積むようになったのかもしれません。ほかには、伴侶を失ってからやる気がでないといった心理的な要因や、認知機能の低下などにより判断力が落ちていることも考えられます。

 

片付けられない理由はいろいろありますが、かといって帰省のたびに散らかっていく親の家をいつまでも見て見ぬふりをすることはおすすめできません。

荷物が溜まることで生じるリスク

なぜ見て見ぬふりがおすすめできないかというと、理由はいくつかあります。

 

まず、大きなケガに繋がります。高齢になると、筋力が衰えて小さな段差でもつまずくことが増えます。小さな段差でもつまずくというのに、床に物が無造作に置いてある中で生活することのリスクは計り知れません。

 

特に階段に物が置いてある場合は、転落の可能性もあるとても危険な状態です。親は「慣れているから大丈夫」というでしょうが、実際に高齢者の転倒の多くは室内で起きています。骨折が原因で要介護状態になっては大変です。

 

地震や家事になった場合は、すぐに逃げられない可能性があります。地震の揺れで荷物が倒れてきてケガをしたり、荷物が通路や窓を塞いで避難経路を絶たれたり、家事の場合は荷物が燃えて火の回りが早まってしまうことも考えられます。命の危険を伴う恐ろしい状況です。災害はいつ起きるかわかりませんが、避難グッズよりも荷物の片付けを優先したいところです。

 

ほかにも、ご近所トラブルの原因になったり、家族も遊びに行きにくくなるなど、人との関わりが薄れる要因にもなります。高齢で行動範囲が狭くなっている上に周囲から孤立してしまうと、認知機能が低下したり、気分が落ち込んで何もする気がなくなったりと、精神的にいいことがありません。

健康状態への悪影響

長く片付けができずにいると、ハウスダストやカビなどが発生します。また、ハエやダニなどの虫やネズミも発生し、不衛生な環境になりがちです。

 

その中で生活していると、ダニやカビなどが直接肌に触れることで皮膚にかゆみが生じて皮膚炎になったり、ハウスダストが原因でアレルギー性の目のかゆみや鼻炎、慢性的な咳症状が起こります。ひどい時には発熱や食中毒を引きおこすこともあります。もともと肺疾患のある方の場合は症状が改善しにくく、苦しい思いをするかもしれません。

 

荷物を片付けずにいると、体に良いことはひとつもありません。高齢の親には病気の心配のない家に住んでもらいたいものです。

視点を「防災」、「防疫」にすることで、片付けの理由が生まれる

親の家の片付けは、命に係わる問題です。すぐにでも片付けに取り掛かりたいところですが、ただ親に片付けを勧めても、断られたり嫌がられたりと、なかなか理解を得られません。親にも長年一緒に暮らしてきたものへの愛着と、慣れた生活スタイルがあるのです。

 

そのため、二言目には「捨てちゃいなよ」というのではなく、「危ないからここだけは片付けよう」という防災と防疫の視点から親に接すると、スムーズに片付けができるかもしれません。すべての物が処分できなくても、通路を確保するために物を動かす、清潔のために汚れたものだけは処分するなど、親の家の片付けの第一歩が踏み出せるはずです。

 

高齢になると、環境の変化がストレスに直結します。家がきれいなることも環境の変化の一種ですので、潜在的に抵抗を感じているのかもしれません。できるところから徐々に片付けていくのは、親の負担にもなりにくいのでおすすめです。

まとめ

長年積み重ねてきた荷物の中には、簡単に処分できないようなものも多くあると思います。そんな時には無理せず業者さんに依頼しましょう。空き家と親の家の片付けを専門に行う「かたづけや本舗」なら、ナイーブな中で片付けをしている親への心配りを忘れずに対応してくれるので、安心してお願いできます。

 

親の家の片付けは子どもへの負担が大きいものです。「かたづけ本舗」と一緒に、実家をきれいにしてみませんか?

※写真はすべてイメージです。実際とは異なる場合があります。

オススメの豆知識

ゴミ屋敷状態になってしまい、どうしたらいいのかわからないゴミ屋敷だということを知……
親の家が度を越えて散らかっていると、帰省するのも憂鬱になってしまいますよね。いつ……
家財整理とは、生前整理、遺品整理、空家整理など、家財全般に関わる総称を言います。……